<%if(blogsetting,bshortname,dozo)%> <%endif%> ≪月謝5,000円~≫の個人塾【八坂寺子屋】(東村山市久米川) 中学3年生・9月以降のお問い合わせの生徒さん
FC2ブログ
中学3年生・9月以降のお問い合わせの生徒さん
2015 / 10 / 03 ( Sat )
<中学3年生・9月以降のお問い合わせをお考えの生徒さんとそのご家庭へ。>

数字(業績)がほしい「企業塾」とは違い
当塾は
生徒や授業料をお支払いいただく親御さんのために
親身になって、あえて厳しい本音を申し上げます。


この時期に入塾して、
志望校・会場模擬テストの「C」判定以下を
合格率80%以上の「A」判定以上に上げることは、大変に厳しい状況です。

(ちなみに当塾では、「A」判定以上の高校の受験しかお勧めしておりません。
「B」判定で受験される場合は、「併願高でもやむなし」、とお考えと受け取ります。)

その理由は
①内申点はほぼ確定している。
②学力(偏差値)を上げるため、
  1・2年の総復習をする最後のチャンスである
  「夏期講習」が過ぎてしまっている。
という点です。

①内申点はほぼ確定している。
小平市、または、東村山市立七中以外の東村山の生徒さんは、
3年生の9月上旬で2回の定期テストを終え、
残す定期テストはあと1回のみとなってしまっています。

例えば、2回の定期テストで「50点」・「50点」だったとして
たとえ通塾して、11月の定期テストで「80点」をとったとしても、
平均すれば「60点」⇒通知表(内申)「3」である思います。

その他、中3・4月からの「小テスト」・「提出物」・「授業態度(挙手発言等)」で評価されます。

②夏期講習以降、1・2年の総復習をする機会はほぼありません。
11月定期テストまでは、定期テストに120%の力を注ぎます。

あえて申し上げれば、11月定期テスト以降の1ヶ月に
「1・2年の総復習」をやることになります。
他の生徒が、学校が休みの「夏期講習」にやったことを
学校のある11・12月にがんばらなくてはなりません。

以上、「志望校の判定を上げる」という意味で、
大変厳しい状況であることをしっかり認識した上で
それでも覚悟を決めて「何とかしたい!」と思っている生徒さんのみ
指導をお受けいたします。

その覚悟を持って当塾に通塾していただけるのであれば
「わかる」を「できる」にすることに力を置く当塾では
他のどの塾に行かれるよりも
「勉強ってこうやるんだ!」
ということを実感していただけると思っております。


⇒トップページへ戻る

⇒「八坂寺子屋・受験までのスケジュール」へ戻る

テーマ:勉強と子供 - ジャンル:学校・教育

00:57:49 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<八坂寺子屋・受験までのスケジュール | ホーム | 指導をお断りするケース>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://prokateikyoshi.blog110.fc2.com/tb.php/60-aea14ede
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |