<%if(blogsetting,bshortname,dozo)%> <%endif%> ≪月謝5,000円~≫の個人塾【八坂寺子屋】(東村山市久米川) 2016年12月
FC2ブログ
ワーク・問題集等の勉強の仕方【全科目共通】
2016 / 12 / 02 ( Fri )
まずは大前提から

教材には書き込まない!

理由は

下記の通り、復習・反復練習ができなくなるからです。

それでは、
「ワーク・問題集等の勉強の仕方(全科目共通)」です。

①問題を解く
②答えを見て丸付け&間違いなおしをする。
③間違えた問題番号に印を付ける。
 (ボールペンではなく消えるペン等で)
④間違えた問題をできるように練習や暗記をする。
⑤もう一度全問を最初から解く。

①~⑤を100点が取れるまで繰り返す。


間違えた問題に印をつけるのは、テスト直前など短時間で見直すとき等に、自分の再確認するべき問題を効率よく勉強するためです。

また、消せるペンで印をつけるのは、自分が完璧に覚えた時には、その印を消すことができるからです。



これらがしっかりできれば効果は絶大!

皆さんも早速実践してみましょう!

トップページへ戻る

テーマ:答えは自分の中にある - ジャンル:学校・教育

16:16:24 | 勉強の仕方 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
計算ミスの減らし方について
2016 / 12 / 01 ( Thu )
「計算ミス」については、よく「ケアレスミス」という言い方をします。
日本語に訳せば「注意不足によるミス」です。
では本当に、計算ミスは「注意不足」によるミスなのでしょうか?

確かに「注意不足」によるミスもあると思います。
しかしそのようなミスをする生徒は、学力レベルの高い生徒だけだと思います。
(このようなタイプの生徒は、注意喚起をするだけでも効果があると思います)。

しかし多くの生徒の場合、間違える原因があって、間違えるべくして間違えていることが多いと思います。
その原因を的確に把握して改善することが、計算問題の正答率を上げる方法であると思います。

①途中式を省略して間違える生徒。
このような生徒は、まず途中式をしっかり書いてみましょう
ノートとは別に、計算用紙にちょこちょこっと計算して、その計算用紙を捨ててしまってノートには答えしか書いていない生徒も、同様にノートに途中式を書くようにしましょう。
途中式が書いていないと、以下のとおりに間違えの原因を考察できません。

②途中式を書いているのに間違える生徒
間違えたからといって、すぐに全部消してしまったり、違うページに最初から解き直したりしてしまう生徒がいます。
その前に途中式を見直して「どこの部分で計算を間違えたのか」を考察する必要があります。
それを繰り返していくうちに、自分自身が間違えるパターンを認識することができ、計算ミスに注意するポイントが見えてきます。


計算ミスは、単なる「注意不足」ではなく
「計算の仕方がよくわかっていない」から間違えるものだ

と思ったほうがいいです。

計算力を付けるための実践方法を紹介します。
①問題を解く
②答えを見て丸付け&間違いなおしをする。
③間違えた問題番号に印を付ける。
 (ボールペンではなく消えるペン等で)
④間違えた問題をできるように練習や暗記をする。
⑤もう一度全問を最初から解く。

①~⑤を100点が取れるまで繰り返す。


間違えた問題に印をつけるのは、テスト直前など短時間で見直すとき等に、自分の再確認するべき問題を効率よく勉強するためです。

また、消せるペンで印をつけるのは、自分が完璧に覚えた時には、その印を消すことができるからです。



これらがしっかりできれば効果は絶大!

皆さんも早速実践してみましょう!


トップページへ戻る

テーマ:算数・数学の学習 - ジャンル:学校・教育

17:43:51 | 勉強の仕方 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |